2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪

フランクのワークショップ

この土日、フランク・アジャバ・ペッター氏のワークショップに行ってきました。

フランクは、昔は西洋レイキのティーチャーで、ボルテックスの望月さんなども教えており、レイキを日本に逆輸入させた立役者とも言える人物ですが、その後、霊気の源流を探すうちに、直伝霊気に出会い、現在は直伝霊気の代表代行となっています。

著書に「This is 霊気」があります。

現在は、ギリシャ在住で、海外での直伝霊気の普及に努めています。

昨年、直伝霊気を受講した時に、先輩方に「彼の霊授はしびれるよ~!」と聞いていたので、一度受けてみたいと思っていたところ、今回日本でワークショップがあるということを聞き、速攻参加申し込みをしたという訳です。

初日に、フランクからの霊授。

体感が弱めの私は「しびれる」という感覚はなかったですが、

午後から、翌日一杯ワークショップです。

霊授は直伝霊気を受講済の人しか受けられませんが、ワークショップは特に制限がないので、西洋レイキのみ実践されている方たちも結構いらしたみたいですね。

ワークショップは、フランクの書籍にある霊示法などの実践プラスアルファという感じ。

勉強になったことはもちろん、明るいフランクと、代表の山口忠夫先生と、忠夫先生のジュニアも参加されて、楽しいワークショップでした。

___1_2

四谷で

今日は、東京に龍羽ワタナベさんの半日セミナーに行ってきました。

龍羽さんは、台湾で、占いの館をやっていて、主に易に精通されている方。

今日は人相学・手相のさわりと、龍羽さんが最近作成された易カードの使い方を教えていただくセミナーでした。

セミナー自体はとっても楽しくて、機会があったらもっと深く学びたいですね。

で、最寄駅の四谷。

桜が5分咲きぐらい?

川沿いの桜並木の下で、花見がはじまっていましたので、私もパチリ。

Photo_2

宇都宮の桜はいつかな~?

冬の秩父 その2

朝1番の、御祓いをお願いしていたので、早起きして、朝風呂に入り、遥拝殿に向かって朝日を拝みます。

Photo_8

と言いたいところですが、山からお顔を出すのは、この時期7時半過ぎということで、7時半からの御祓いに間に合わないため、↑ぐらいまで見て、拝殿に向かいます。

御祓いは、非常に寒いので、コートを着たままでOKということでした。

確かに足の先が痛いくらい寒い。でも朝の冷たい空気が気持ちいいです。

その後、朝食をいただいて、荷物を置いたまま、神社の各所に参拝。

10時ちょっと前にチェックアウトし、小教院でお抹茶をいただいて、10時半のバスに乗って、三峯を後にしました。

バスを途中で電車に乗り換え、次の目的地、長瀞にある宝登山神社です。

長瀞の駅から徒歩15分ぐらい。

キンキラな感じの鳥居ですね。

Photo_9

折角なので、宝登山の山頂にある奥宮にもと、奥宮行きのロープウェイ乗り場に行くと、激混み!

1時間待ち・・・しかも通常30分に1本しかないロープウェイが、7分ごとに運行しているとのこと。

何事かと思ったら、この時期、奥宮のある宝登山は、ロウバイ(蝋梅、黄色の梅)が満開とのことで、ほとんどの方がそちらを見に来ているようです。

仕方ないので、じっと順番を待ち、約40分後にロープウェイにのって宝登山山頂へ。

まず奥宮へ向かいます。

Photo_10

奥宮は、ひっそりという感じで、ありました。

御朱印をいただきたかったのでのすが、残念ながら、不在でした。

せっかくなので、ロウバイを見物に。

思った以上に広いロウバイ園が広がり、なかなか見事でした。

Photo_11

私、ロウバイをこんなに身近に見たのはおそらく初めてです。

香が凄くよくて、その香はスリランカで嗅いだ生のジャスミンに似ている気がしました。

その後、また30分ぐらいロープウェイを待って、山を下り、電車に乗り、今度は秩父神社へ。

こちらは秩父駅から近いですね。

秩父夜祭で有名な神社で、結構広い立派な神社です。

宝登山で思いのほか時間が取られたため、4時をまわって多少日が陰り気味でした。

Photo_12

それでも、色鮮やかな彫刻が美しかったです。

中には、東照宮の眠り猫を彫った、左甚五郎の作と伝えられる「つなぎの龍」などもあります。

その後、駅に戻り秩父鉄道から乗り換え、西武秩父に戻って、レッドアローで帰路に。

天気にも恵まれて、それほど寒さも感じず、快適な旅でした。

冬、特に三峯は静かでいいなぁ、来年も行きたいと思えた旅行でした。

冬の秩父 その1

去年、2月1日に、三峯神社で、白い「気」守りをいただいてから、1年。

そろそろお返しに行かないとということで、1日ではありませんが、14・15で秩父に行ってきました。

今回は、お守りを返すというのと、三峯神社に併設している温泉つきの宿泊施設に泊まるというのが目的と考えていたら、同行のAちゃんが、せっかくだから秩父三社めぐりをしようと提案。

ということで、2日間で三社を巡ってきました。

1日目、池袋でAちゃんと待ち合わせ、12時半のレッドアローに乗って秩父へ。

秩父からはバスで三峯神社に向かいますが、この時期限定で、「三十槌の氷柱」というのが、バス路線の途中で見れるということで、途中下車して見学します。

Photo_2
なかなか立派です。

結構人が多くて(ほとんどはマイカーで)、観光地なんですね。

夜には期間限定でライトアップされるようです。

次のバスまで1時間あるので、のんびり見学。

その後、1時間後の三峯神社行きのバスに乗り込み、三峯神社に。

週末でも1日4本しかないバス、乗る時に「三峯神社に泊まりですか?」と聞かれました。

最終バスですからね、それを確認したんでしょう。

4時半ごろ、三峯神社に到着。

Photo_4
特徴ある三峯神社の鳥居をくぐり、とりあえず、遥拝殿から奥宮のある岩峰を参詣。

Photo_5
私が三峯神社で一番好きな場所です。とってもすがすがしい気を感じます。

右手に、山に沿っての道があるので、少し歩くと、小さな神社がありました。

Photo_6
宿の方に聞いたところ、三峯神社とは直接関係はない、山の神様だそうです。

でも、とてもすがすがしく、ありがたい感じがしました。

仁王門を通る通路は、雪のため、通行禁止。

仕方ないので、摂末社の方を通って、拝殿の横から・・・。

Photo_7

拝殿で、今日一日お世話になりますと報告し、今夜の宿泊先であるお隣の興雲閣へ。

興雲閣は、200名まで宿泊できる、温泉付の宿泊施設です。

冬季限定価格で、通常よりお安く泊まれてラッキーでした。

2食付で、7、710円でした。

お食事は、広間で。

私たちを含め、6組でした。

うち、おひとりが3名なので、全員で9名。

定員までかなり余裕があるので、お風呂でも、いつも貸切状態でした(^^)

食後、少し休んで、星空を見に外に出ると、空気は綺麗だし、他に明かりもないし、とても星がきれいに見えます。

見える数も地上の3倍ぐらいあるんじゃないかな?

宿の方の話によると、天体観測のためにくる方もいるのだとか、納得です。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今日は、福島の円明院というお寺に、クラブワールドさんの初詣ツアーで行ってきました。

早朝4時くらいに着いた時には、まだ星がでていたんですが、これが、びっくりするくらいの数。

空が済んでいるんですね~。

私は確認できませんでしたが、ツアーのメンバーさんは結構流れ星も確認できたようです。

最初に住職の話を聞いて、その後奥の院まで歩いて、初日の出を待ちます。

太平洋から上がる日の出を見られるのですが、今日は水平線のあたりに雲が出ていて、ちょっと日の出が確認できるまで、多少時間がかかりましたが、その雲が明るく輝いている過程を見ている時間も良かったです。

P1010043s_2
木々の合間から拝む、平成27年の初日の出です。

その後、しばらく奥の院でパワーチャージし、太陽の光がこぼれる参道を本堂まで戻り、再度住職の楽しい話を聞いて・・・有意義な元旦でした。

2

ひさびさの預言カフェ

ちょっと東京へ行く用事があったので、東京の友人Yさんと会うことに。

彼女と、預言カフェに行ってきました。

午後2時のオープン時間に行くと、すでに多くの方が待っていまして、私たちの受け付けは、49・50番。

約40分ほど待って、テーブルに案内されました。

コーヒーを注文して、ほどなく、預言をしてくれる方が我々のテーブルに。

まず、Yさん、次に私の順番で、各自約3分程度の預言をいただきました。

預言は、私については、ここしばらく、悩んでいること2つについて、答えをいただいた感じで良かったです。

Yさんも、非常に腑に落ちた様子で、2人とも、少しすっきりしました。

ちなみに、預言カフェは預言を録音できるので、Yさんは携帯で、私はICレコーダで預言を録音。

後で、ゆっくり聞き直せるのが良いですね。

出流山満願寺

3連休の最後、3日は、栃木市にある、出流山満願寺に行ってきました。

ゆっくりと11時ぐらいに宇都宮を出たので、着いがたのがお昼。

とりあえず、お腹が空いたので、名物のお蕎麦を・・・。

妹と7歳の姪っ子と3人で、5合を頼み、それと天ぷらを2種。

Photo_3

さすが、5合、なかなかの迫力と思いましたが、あっさりいけました。

お腹がいっぱいになったんで、やっとお詣りに。

Photo_4

立派な山門です。

Photo_5
本堂も荘厳な感じです。

今回は、小さな姪っ子もいるので、ここから往復1.5キロかかる奥の院は断念。

紅葉を期待して行きましたが、少々早かったようです。

見ごろは、あと、2週間ぐらいでしょうか。

Photo_6

奥の院と合わせて、紅葉は来年の楽しみに。

氷川三社

三連休の間の日曜日、氷川神社めぐり(氷川神社→中山神社→氷川女體神社)をしてきました。

まず、大宮駅東口から徒歩圏の武蔵一宮の氷川神社へ。

こちらは、私の大好きな神社です。

日曜は、早めの七五三で、大賑わい。

参道には神輿も出ています。

Photo_2

(特に祭りと言う訳ではないらしいのですが、毎年この時期に有志?で出しているとか。そのため、はっぴはバラバラです。)

次に、バスで、中氷川とも言われる中山神社へ。

こちらは、ひっそりという感じですが、とても良い気を感じます。

Photo_2
それに、場所の割にはそれなりに参拝にいらっしゃる方が・・・。

宮司さんは常駐しているわけではないようですが、我々が参拝した時には、偶然いらっしゃいまして、御朱印をいただけました。

その上、次に氷川女體神社へ参拝の予定だと話すと、ご自身のお車で送っていただけるとのこと。

大変恐縮でしたが、「この時間(3時過ぎ)では、もう参拝の方もほとんどないだろうし、公共の交通機関だと1時間ぐらいかかってしまうけど、車だと10分で行けるから」と言われ、お言葉に甘えることにしました。

送っていただいた間に、その土地の神社の成り立ちや、氷川女體神社の昔の方の使っていた鳥居などを案内していただいて、大変参考になりました。

氷川女體神社も車でないと多少不便なところにあるのと、時間的なこともあって、我々が付いた時には、参拝者もまばらでしたが、とても雰囲気のある神社でした。

Photo_3こちらでも御朱印をいただきました。

それと、ちえちゃんの番組でも取り上げられていた巫女人形を購入しました。

こちらは、巫女のお姿のお人形に、願掛けし、願うと自分で作った服を着せて、お返しするというもの。社務所脇には、たくさんのお返しされた巫女人形が。

さて、願掛けできるお願いは1つ。何を祈願しようかな?

そちらからはバスで浦和駅まで戻りました。

帰りの電車で、ふと、中山神社の宮司さんのお祖父さまが、浦和の調神社の宮司をしていたという話を思い出し、スマホで調べてみたら、そちらは狛犬ならぬ狛ウサギだったり、いろいろと興味深い感じで、今度はそちらにもお邪魔してこようかなと。

続きを読む "氷川三社" »

健康生活フェア

この土日に、横浜で健康生活フェアなるものが開催されていました。

私は日曜日に友人と3人で行ってきました。

おのころ心平さんや、アーユルベーダ医師の安藤さんなどのお話を聞いて

手相とインド占星術をしてもらい、最後に鍼の体験。

手相では、60歳でライフワークを始め、その後、もう一度仕事を変え、死ぬまで現役とか(^^;)

60歳は、ちょっと先過ぎ~と思いましたが、ライフワークに出会えるだけ幸せな人生かな?

インド占星術でも、当分今の仕事をするそうで・・・。

でも、海外で師に出会うとか。

それは面白そう(^^)

鍼は初めてでしたが、血行が良くなったのを感じました。

でもその後、ちょっと内出血が。

まあ、事前に説明を受けていたので、仕方ないかと、引くまで待ってます。

とりあえず、一度体験したかったので、満足です。

マッキーと黒斎さんと金魚

昨日は、マッキー(牧野内大史)さんと雲黒斎さんのトークライブに行ってきました。

楽しいお話、ありがとうございます。

Q&Aタイムで、最初のおひとりに45分位時間が。

長いなぁと思っていたけど、彼女に対しての黒斎さんの話を聞いてたら、

私もちょっとだけ、お金に対するブロックのようなものがはずれた感じ。

で、その後、せっかく東京に来たのだからと、一度見てみたいと思っていた、アートアクアリウムを見に日本橋へ。

5時半位に着いたら、30分待ちでした。

ちょっと、列にビビったけど、せっかくなので並んで入りました。

チョーキレイ!

並んだ甲斐ありました。

Photo_6
Photo_7
これ全部、本物の金魚~。

Photo_9
Photo_8

ちなみに、中はフラッシュと動画NGだけど、普通の写真はOKです。

より以前の記事一覧