2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪

真岡・大前神社

先週の土曜日になりますが、真岡の大前神社に行ってきました。

こちらは、初詣には何回か行っているのですが、それ以外の時期にはほとんど行ったことがなく、こんなにゆっくり参拝したのは今回が初めてです。

表参道の駐車場からは4つ鳥居があります。

Photo_2

こちらは1つくぐった後ですね。

画像はないのですが、拝殿は彫刻がなかなか素晴らしかったです。

今回、初めて気が付いたのですが、左手には素晴らしいご神木も。

Photo_3

で、大前神社と言えば、大きな恵比寿様が有名。

Photo_4

その恵比寿様の前には、こんなものが。

Photo_5

私はちょっと重かったかな?

ちなみに、大前神社の御朱印は、比較的スタンダードな、神社名をセンターに書いていただけるものでした。

映画の日

昨日は、映画の日&特別予定がなかったので、何か良い映画ないかなぁと、一番近い、TOHOシネマズのサイトをチェックしていると・・・

手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-
http://www.buddha-anime.com/

BUDDHA2 ということで、1は見てないけど、ちょっと見たいなぁと、朝から映画館にダッシュ。
(朝8:55~ からの回しかない)

開演5分前ぐらいに入ったのに、先には1人しかいなかくて、まあそんなものかな・・・
と思っていたら、その後、10数名入ってきました。

アニメなので、そんなリアルにきついシーンはなかったのですが、かなりシンドイ時代で、そんな中、生きるのは今の数倍大変だったんじゃないかと思います。
最初、シッダールタ―や他の修行者の修行の意味が自己満足のためのようにしか見えなかったのですが・・・。
うん、私は見てよかったと思います。
1人で行ったので、遠慮なく泣けたし。
終わった後も、誰もしばらく立たなかったですね。

その日は、夕方に、先日録画した「ツナグ」http://www.tsunagu-movie.net/index.html)も見て、一日、生と死について、ちょっと考えた日となりました。

高雄山と深大寺

先週になりますが、かねてから行きたかった高尾山と深大寺に行ってきました。

紅葉はどちらも終わりかけ・・・今週はもうないかな?

高尾山はケーブールカーもリフトも3・40分待ちでしたね。

その待ち時間と混雑のため、頂上まで行くのは諦めました。

でも、良い景色。

Pb301264s_5

紅葉も場所によってはまだまだOK!Pb301270s_2

頂上まで行けば富士山も見えたかな~?
次回の楽しみということに。

深大寺も初めてですが、良いお寺ですね。

Pb301297s

新そばの季節ということで、イベントをやっていたみたいですが、着いたのが3時を回っていたので、多少人は引いていたようです。

どちらも今度ゆっくり行きたいと思えるような場所でした。

満月

Photo_14

昨日は満月でした。
ちょっと曇っていましたが、時々見えるお月様はとてもきれいでした。

5月の満月の日はウエサク祭が行われるところがありますね。
鞍馬山などは、1日早く、24日にウエサク祭だったようですが。

数年前にスリランカでアーユルヴェーダを習っていたとき、ちょうど満月の日があって、地元のお寺のウエサク祭に行ったのを思い出します。
ただ、5月ではなかったかな?
仏教徒が7割を占めるスリランカでは、満月の日は毎回、ウエサク祭です。
アーユルヴェーダの施設は茶畑の中にあり、私の体験したウエサク祭は、特にお祭りとして騒ぐというのではなく、お寺へ続く道に、ローソクが並べられ、お寺の階段にも明かりがともり、夜の参拝者が多いぐらいでしたが、とても幻想的でした。
田舎だったので、普段夜は明かりがないところにローソクと、月明かり、そして蛍の乱舞がとても幻想的でした。
懐かしいですね。

Photo_16

ネパール・フェスティバル 2012

日曜日、代々木公園でやっていた「ネパール・フェスティバル 2012」に行ってきました。

私は今回初めて行きましたが、このフェスティバル自体は3回目だそうです。

120729_135401_2

メイン(?)ステージでは、ネパール音楽が演奏されたり、ネパールやこのフェスティバルに関係ある方のインタビューが行われたりしていて、それを囲んで、ネパールやインドの雑貨と、料理のお店が並んでいました。
でも、他に、タイやミャンマー、アフリカ、トルコの店もあったりして、なんでもありの雰囲気もありましたが、この混沌とした感じが良いですね。

120729_135502_2

とりあえず、チベット圏での定番料理、「モモ」をいただきます。120729_134601
ガイドブック等では、チベット風餃子とか書かれていることも多いですが、どちらかというと小籠包。
(家庭や店によっては、餃子の形もあるのかな?)
ソース(?)がちょっと辛めで美味しいです。
それから暑いので、マンゴーラッシーを飲んで。

少しぶらついて、コットン100%のゆったりとしたパンツとワンピースを購入後、やっぱり暑いので、今度はトルコアイスを食べて・・・。
トルコアイス、ホントに伸びるんですね。
以前、とある新宿のお店で食べた時は、そんなに伸びなかったけど、昨日のは食感からして粘りがある感じ。

120729_145501

暑さで少々疲れてきたので、最後に夕食用にタイの屋台からエビ春巻きとエビパンのセットを購入し、3時頃に駅まで戻ろうと歩いていると、すれ違う人の中には、かなりの確率で、色とりどりのサリーやパンジャビー・ドレスを来たインド系の方々が。
暑さを避け、この時間から来る人も結構多いようです。
確かに、インドやスリランカ、カンボジアなど暑い国に行った時も、昼間のもっとも暑い時間帯は、現地の人は、屋内や木陰で過ごすのが一般的でしたね。

帰りの電車では「ダライ・ラマに恋をして」(たかのてるこ著)を読み、やっぱりチベット文化圏、できればラダック行きたいなぁと、思いをつのらせたのでした。
でも、ラダックに行けるシーズンは夏の間だけ。
(冬はとてつもなく寒い!)
今年は無理でも来年こそは行きたいなぁ。
Photo_2

ウエサク祭

はじめまして。
ここでは、私が日々出会ったこと、感じたこと、時にはちょっと誰かにも聞いてもらいたいことなどを書いていきたいと思います。

今日は「満月」です。
日本では鞍馬寺などで「ウエサク祭」が行われます。
また、最近ではスピリチュアルな方々がこの日に集い「ウエサク祭」を行っているところもあるようです。

「ウエサク祭」とは、本来は仏教のお祭りで満月の日に行われます。
私がこのお祭りを知ったのは3年ほど前にスリランカに旅行した時のことです。
夜空港に着き、現地ガイドさんにホテルまで連れて行ってもらう途中で、沢山の白い提灯を見ました。
とても幻想的な光景だったので、「綺麗・・・」と思わず言うと、「今日は仏教の満月のお祭り。だから提灯沢山です。」とガイドさん。
私は仏教にそんなお祭りがあることをこの時始めて知りました。
お釈迦様が生まれた日や、悟りを開かれた日、亡くなられた日がみんな5月の満月の日だったから・・・というのが起源のようですが、日本には入ってこなかったのか、宗派の違いなのか分かりませんが、日本では最近までほとんど聞くことが無かったですよね。

最近日本などで行われるようになった「ウエサク祭」は、スピリチュアルな方々が行っているものが多いせいか、特定の宗教とは切り離して世界の平和を祈るような祭典となっているようです。
日本の「ウエサク祭」は私はまだ見たことがありませんが、機会があったら参加してみたいと思っています。
(私は今日は仕事&地方在住者なので鞍馬はもちろん、東京あたりで行われているものにも参加できないのです。)
でも、平和を祈ることはどこにいても可能なので、満月の時間にちょっと意識をそちらに向けたいと思います。
満月は今日の午後3時51分だそうです。
なお、鞍馬寺のウエサク祭は19:00~ です。

※鞍馬寺のウエサク祭紹介HP
 http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/saijiki/sjA1D3D23B8889BEAD49256D91000214F9

Mangetu_2 ☆泊まったホテルのウエサク祭の提灯

 ホテルだから立派です。町中で見かけるものはこの提灯の端にぶら下がっている小さい提灯のようなものが多いです。

  

 

 

 

※スリランカは人口の約7割が仏教徒の国です。
 街のいたるところに仏像があり、夜になるとライトアップされるものも多いです。
 最近の日本のように冠婚葬祭の時だけちょっと関わり合いをもつといった感じではなく、生活の中の仏教という感じでした。
 余談ですが、「ウエサク祭」の日はスリランカでは祝日(仏教徒だけ?)とのことで、観光地はかなり混みます。
 私たちは翌日、シギリア・ロック(世界遺産です)に登ったのですが、ここはオーストラリアの200m位ある巨大な岩に非常階段のような頼りない階段がついていてそこを登って行きます。
 通常であれば1時間位で登れるのですが、「ウエサク祭」の日は人が多すぎて5時間位かかったそうです。
 でも私は時間よりもその階段に人がギュウギュウになっていたら、階段が壊れそうで怖い~って思いました。
 どちらにしても高所恐怖症の人には無理かもって感じの所でした。

 ☆シギリア・ロックです。 Shigiria_2

 

 

 

  

   

どうもありがとうございます。