2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪

台風の日とチャネリング

台風27号の影響で、ここ宇都宮は昨日から強めの雨が降っていますが、特に甚大な被害はでていないようです。

個人的には、昨夜2時過ぎの地震の方がちょっと怖かったですね。
強さはそれほどだったのですが、結構長かったので、このまま大きくなったら困るな・・・と。
結局、台所の調味料が1つ落ちた位でしたが。

今年はほんと、天候が激しい。
スピリチュアル的にいうと、浄化とか、変化の過程なのかもしれませんが・・・。

う~ん、今、ふと来た言葉が
愛の過程

どういうことでしょうね(^^;)。

私の場合、こういう場合、すんなり腑に落ちる時と、意味が分からない時があって・・・。

そう言えば、先日、Manaさんの最新刊(宙が教える「受け取る」の仕組み)を読んでいる時に
「イヤサカ」って結局なんだろう?
みたいな、Manaさんが聞いたら呆れられるような疑問が出たときに来たのが、
3つの光の映像。

一つは人もしくは、自分自身なんだろうなと思うのですが、他の二つがわからない。

こういうのの解釈は、訓練次第なのかもしれませんが、とりあえず職業チャネラーになるつもりはないので、今一つ真剣さが欠ける(^^;)

メモだけが増えてきています。

最近、このブログにもちゃんと書いてないので、もっと簡単に、でもちゃんと、時系列で残せるようにしないとと、手段考え中。

台風の話から、ちょっとずれました(^^;)
風雨は少し落ち着いたような気はしますが、あまり過信せず、ご注意ください。

さて、明日は熱田神宮です。

行ってきます。

夏至の日に

今日のManaさんのブログ、

*******************************************

 ・・・(前略)・・・

起こったことは、終わるために起こったのですから、嫌がる必要がなく、感謝し喜べばいいだけです。

特に、豊穣でない事柄は発展繁栄できないからこそ、ちゃんと壊れてくれるのです。
破壊があるから、本来の豊穣が生まれるのです。
もちろん、とっさに感情が出るなら、それは「YES!OK!」していくことで、ちゃんと感情反応が終わっていきます。
もともと自分の感情によって創造された現実なのだから、感情が浮上して(開放されて)終わるのです。
喜び以外の心(恐怖心)から集めたお金も、喜び以外のでき事も、喜び以外の人間関係も、いったん全て崩壊します。それは収縮し崩壊する運命にあります。だから感謝こそすれ、不満を言う場合ではないのです。

二度と起きないために崩壊してくれるのに、それを嫌がることで、崩壊が進まない。つまり、豊穣の現実に移行できない。破壊(崩壊)と再生はワンセットです。

 ・・・(後略)・・・ 

*******************************************

う~ん、なるほど・・・。
何回も言われていたことだけど、今日は特に身にしみて、かつ、腑に落ちました。

この夏至の日の前後一週間の過ごし方が、今後の残りの人生を決めるという方もいます。
今、自分がどういう感情をもち、その結果どういう現実が創造・強化されているか、今一度見直してみたいと思います。
これから先も同じパターンを繰り返すのか、それとも魂が本気で望んでいる現実を創造するという選択をするのか。

昨日のランチのデザート盛りのフォーチュン・クッキーに入っていた言葉
「あとじゃできない! いまでしょ!」
ほんと、今(夏至期間)ですよ(^^)。

130620_231801

「空」セミナー・アドバンス・コースのフォローアップ

昨日の日曜日、「空」セミナー、アドバンス・コースのフォローアップに行ってきました。
ゴールデン・ウィークにもあったのですが、富士山旅行とブッキングしてしまったため、
残念ながら出席できず・・・だったので、久々にManaさんに会えるのを楽しみにしてました。

今回は、今までの池袋から場所を移して、新宿の高層ビル群の中でした。
47階だったので、見晴しも最高でした!

120916_165901

内容ですけど・・・いや、行ってよかったですね。
なんか、聞くことのほとんどが、今の自分の状況の回答にもなっている感じで。
特に後半、日本の神さまの話をしてくれたんですが、これが、
先月伊勢神宮に行き、今月末には出雲大社に行く私にはとてもタイムリーな話で・・・。
面白かったです。
大国主命、お目にかかりに行きますね!

あと、声に出すことの大切さも話されていたんですが、日本語っていうか、言霊の力はすごいですよね。
これからは、ちゃんと声を出して光の柱を立てようと、決めました。

最後に、Manaさんの3冊目にサインをお願いしたのですが、Manaさんが、
「なんか変なのが出てきたんだけど・・・」と言いながら書いてくれたのが、
「自我を出す!」
でした。

う~む、出せてないのかな?

「空」の本届きました。

今週も1週間、あっという間でした。

月曜日に、Amazonde予約していたManaさんの「空」の
第3弾「豊穣の狩人」が届きました。

金環日食の日に届くなんて、さすがManaさんです。

今回の本は、かなり豪華な作りですね。
「豊穣」の名にふさわしい感じ。

仕事が落ち着いたら、ゆっくり腰を落ち着けて読もうと思います。

120527_220101

ガネーシャとの会話

今日はすっきりしない天気でしたね。

なんか、最近あまり太陽を見ていない気が…。

さて、久々、机の上のガネーシャ像との会話です。

ふと、なんでガネーシャって象なんだろうと話しかけると

 象と人間は同じ種族だ。
 象は、ただ、大地、地球を感じて生きることを選択した。
 人間は知で生きる、工夫や創意を体験して生きることを選択した。
 ただ、それだけだ。

と、答えになっているようないないようなことが返ってきました。

うん、でも、「ただ、それだけ」なんだよね~。

さて、明日・明後日は富士山方面に行ってきます。
Aちゃんに誘われて、吉田胎内祭という、年に1度の祭事に参加してきます。

お泊まりは、Aちゃんに縁がありそうな、ペンション・モーツァルトさん。
星も綺麗に見えそうなので楽しみです。

チャネリング

この週末、チャネリングのワークショップに行ってきました。
Manaさんの「空」セミナーアドバンスの課題で、しばらく1日1チャネリングというのをやっていましたが、Manaさんのセミナーでは、特にそれについてシェアリングや検証が無く、ちゃんとできているのかよくわからなかったので、一度ちゃんと(?)習ってみたかったのです。
チャネリングを教えている方は何人もいらっしゃいますがすが、私が教えていただいたのは、レイさんというインド出身の方です。
彼のワークショップに一度出たことがあって、ワークショップ自体はもちろんよかったのですが、その時にも素敵なメッセージを伝えていただいて、なんとなく信頼出来る方だなぁという印象があったため、彼に教えていただくことにしました。

ちなみに、世間のほとんどのチャネラーさんはクラウンチャクラを使ってチャネリングしているらしいのですが、レイさんの場合は、ハートチャクラを使います。
クラウンチャクラを使う場合、クリアリングをしっかりしてないと、エゴが入ったり、望ましくない存在とつながったりしてしまう危険性があるのですが、ハートチャクラを使った場合はそのような心配はないのだとか。
レイさんのワークショップを主催してくれている木村さんは、長年VOICEで仕事されていたこともあり、様々なチャネラーさんをご存じですが、レイさんのようなタイプは初めてで、その温かいチャネリングと安全性に惹かれ、レイさんのワークショップのお手伝いするようになったそうです。
(木村さんによると、VOICEで今人気のリサ・ロイヤルさんなどは、やはりクラウンチャクラを使っているようですが、チャネリングのワークショップの前半の数日間は徹底的にクリアリングだそうです。リサのチャネリングはどんどんバージョンアップしているらしく、木村さんも絶賛なので、機会があったら彼女のワークショップも出てみたいですね

実際のワークショップは、簡単にチャネリングのレクチャー受けて(2時間弱?)から、チャネリングの対象を指定されて、いきなり実習開始です。
レイさんの誘導の言葉で、チャネリングを行い、その結果を一人ずつシェアして、それに対し、レイさんがコメントすると形式で進みます。
最初は木や石といったものから、故人、グループ実習でお互いのガイドからのメッセージなどを次々にチャネリング。
最後にみんなの前で、自分の選んだ対象をチャネリングして終了という感じです。

いや~、なんか濃かったです(o^-^o)。
参加者の方々とのシェアも興味深かったです。
まだ消化しきれない感じですが、これから日々練習ですね。

長くなったので、実際の体験は、次回以降のブログで。

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法

宇都宮は雪が降ってます

Manaさんもブログで紹介していたのですが、ロバート・シャインフェルド氏の『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』、良いですね。
Amazonで評判良かったので、昨年末に購入はしていたのですけど、忙しかったり、後から購入した他の本に浮気してたりして、やっと読み始めました。
表現は多少違えど、「空」と同じ事を言っていると思います。
(まだ全部読めてないので、断定出来ないですが)
4つのツールも、試してみる価値ありそうです。

さて、まだ外は雪ですね。
この冬はまだ積もるような雪が降ってないのですが、今回はどうでしょう。
明日東京なので、積もるという現実を創造しないようにしないとね。

ガネーシャ像との会話

 今週は、風邪をこじらせてしまいまして、後半は会社を休んで1日寝てるという状態でした。
 どうせ寝ているのだから、ヘミシンクでも聞こうと聞いても爆睡(^^;)
 なので、ちょっと前の記録ですが、1日1チャネリングの記録、全て会社の席に置いてあるガネーシャ像との会話(?)です。

① 2012/01/13
  何かについて、聞いていたんですが、前半は忘れました(^^;)
  途中で、そう言えばガネーシャは男っぽい話し方だなぁと思ったので、
  それ以降の会話。

  (そう言えば、ガネーシャって男?)
  男でも、女にでもなれるゾウ、変幻自在だ
  (結局、ガネーシャって何なの?)
  魂だ
  (魂って何?)
  愛の光だ。

② 2012/02/01
  会社の席を引っ越したので、なんとなく、席についての感想を求めたところ・・・

 (この席、どう思う?)
 まあ、静かでいいだろうよ。
 (時々、前にいた部門とかの声とかが気になって・・・)
 (感情が)波立つ時は波立つ。
 それも、全て自分を通して流れる情報。
 ただ流すこと。
 とらわれていては、次に進めまい。
 心から体験したかったら、別だが。

③ 2012/02/02
 (どう生きればいいのかな?)
 ~しなければならないということはない。
 正しい生き方もない。
 正しい、正しくない、全て体験しようとして生きている。
 体験が目的だ。

 そういう意味では全て正しい。

・・・空セミナー・アドバンスの課題の1日1チャネリング、アドバンスが終わってからあまり積極的にやってなかったので、体験も少なめですね。
やっぱり、毎日やらないといけませんね。

「空」セミナー・アドバンス2期生の瞑想会

今朝、起きたら喉が痛い。
風邪ひいちゃいました。
長引かせたくないので、実家にちょっと顔をだして、その帰りにドラッグ・ストアで風邪薬を買って、後はダラダラしてます。

昨日は、空セミナー・アドバンス2期生の瞑想会でした。
第2弾の空の本を持っていたので、早速サインをしていただきました。
アドバンス生だから、メッセージは無しかな?と思っていましたが、戴けました~!
豊穣の日々を!
でした。
どんな豊かさが待ているんだろう~、楽しみです!

今回は瞑想会って名前でしたが、瞑想はなかったです。
私たちのアドバンス終了後にManaさんが受け取った情報をシェアしていただけるという感じでした。
そのなかでも、話の多くを占めたのが、「お金」でしたね。
やっぱり、悩んでいる人多いのかな?
空セミナー後、2人のお友達とベトナム料理を食べながら、いろいろ話しましたが、お金に関して、親の影響がやっぱり大きいみたいですね。
ついつい、けち臭く、出し惜しみしてしまったり・・・。
なるべく、普段から豊かなエネルギーに慣れておくこと大事ですね。
そして、いつでも受け取る準備OKにしておくこと、受け取りきることかな。
あと、すべての価値は均等、否定・毛嫌いしないことですね。
物事がうまく行っていない時っていうのは、何かを毛嫌いしている時だそうで、これは私の実体験からも納得できましね~
私の場合は、人間関係でしたけど。

3カ月ぶりぐらいに、Manaさんの話が聞けて良かったですね。
ちょっとぶれそうな時でしたから。
次はいつかはわかりませんが、次回はロールプレイングとかやるかもしれないとか。
楽しみです。

↓実家から帰る途中、鬼怒川の土手越しに見える遠くの山々、日光連山から足尾のあたりの山です。冬の山はきれいですね。
120129_131802

生き方は星空が教えてくれる

今年に入って、本を読める時間が取れなかったので、買っただけで放って置いてある本が机の周りにゴロゴロしてます。
でもそんな中で、最後まで読めて面白かったのは、木内鶴彦さんの「生き方は星空が教えてくれる」ですね。
臨死体験中に、いわゆる体外離脱状態で宇宙の始まりを見に行った著者が見た(?)のは、「膨大な意識」で、その意識が暇つぶしのために、そこにひずみを生み、「ひずみ」を解消するゲームが始まったというのは、まさに「空」ですね。

月と地球との関係とかも興味深いものがあります。
今の月と地球の関係になる前に、文明が地下に築かれていた(地上の生態系を壊さないように)というのも面白いです。

(今ふと、思いだしたのですが、少し前の深夜のTVで、ウルトラマンシリーズの
 哀しい話のベスト3のようなことをやっていたのですが、そこで、
 今地上に住んでいる地球人より前に、地球に住んでいる地底人(深海だったから
 海底人?)を、ウルトラ警備隊が、侵略者と見なして滅ぼしてしまうというような話
 を取り上げてました。ウルトラマンも納得がいかないけど、結果としては今の地上
 の地球人側として戦ったという、人間のエゴを感じる話として紹介されていたかな。)

木内さんが見たのは、彗星だった月が地球の磁場にとらわれて、月にあった水が大量に地球にやってきたので、彼らは、地上の標高の高い地域に今まで築いた文明都市を捨てて逃げざる得なかったというようなことでした。

他にも、木内さんは宇宙の始まりといった過去だけでなく、未来も見に行っています。
その中でみたものは、2つの未来が同時に重なって見えたというモノ。
どちらもホントに起こりうるけど、どちらになるかは確定していない、ようするに、未来は確定ではないってことです。
今の自分達次第、自分がどういう意図をするかですね。

どうしても前半の臨死体験のインパクトが強いので、そちら中心の紹介になって
しまいましたが、内容としては、臨死体験の記録本ではなく、その体験からどう生きると彼が選択したかっていう本です。

興味がある方は、是非読んでください。
宇宙の写真も綺麗ですよ。

2006_january_9 (←NASAのHPより)