2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪

« 「下野の国」の一の宮 | トップページ | 日光 その1 »

夏至の日に

今日のManaさんのブログ、

*******************************************

 ・・・(前略)・・・

起こったことは、終わるために起こったのですから、嫌がる必要がなく、感謝し喜べばいいだけです。

特に、豊穣でない事柄は発展繁栄できないからこそ、ちゃんと壊れてくれるのです。
破壊があるから、本来の豊穣が生まれるのです。
もちろん、とっさに感情が出るなら、それは「YES!OK!」していくことで、ちゃんと感情反応が終わっていきます。
もともと自分の感情によって創造された現実なのだから、感情が浮上して(開放されて)終わるのです。
喜び以外の心(恐怖心)から集めたお金も、喜び以外のでき事も、喜び以外の人間関係も、いったん全て崩壊します。それは収縮し崩壊する運命にあります。だから感謝こそすれ、不満を言う場合ではないのです。

二度と起きないために崩壊してくれるのに、それを嫌がることで、崩壊が進まない。つまり、豊穣の現実に移行できない。破壊(崩壊)と再生はワンセットです。

 ・・・(後略)・・・ 

*******************************************

う~ん、なるほど・・・。
何回も言われていたことだけど、今日は特に身にしみて、かつ、腑に落ちました。

この夏至の日の前後一週間の過ごし方が、今後の残りの人生を決めるという方もいます。
今、自分がどういう感情をもち、その結果どういう現実が創造・強化されているか、今一度見直してみたいと思います。
これから先も同じパターンを繰り返すのか、それとも魂が本気で望んでいる現実を創造するという選択をするのか。

昨日のランチのデザート盛りのフォーチュン・クッキーに入っていた言葉
「あとじゃできない! いまでしょ!」
ほんと、今(夏至期間)ですよ(^^)。

130620_231801

« 「下野の国」の一の宮 | トップページ | 日光 その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

癒し・スピリチュアル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏至の日に:

« 「下野の国」の一の宮 | トップページ | 日光 その1 »